読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カッコつけ、目立ちだがり、負けず嫌いの3つのスパイスを使った人生の楽しみ方

 

カッコつけ

これだけ聞くと単なるナルシスト?と思う人は多いかもしれない

自分もカッコつけ=少し痛い人間、調子乗ってる人間だと思っていた、昔はね

 

でも、今までの私の人生を振り返ってみて、

 

自分はカッコよさを求めて生活している

 

ということに気付いた、つい数日前。

 

カッコつけ、目立ちたがりの精神が、私の人生にめっちゃ役立ってる

そう気付いた

 

(私の周りにいる人は既にこの私の性格に気付いていたかも知れないが、私自身はわかってなかった。

意外と自分のことは自分が一番分かっていなかったりする)

 

てか、

なんでいきなりそんなことに気付いたの?

そらそうですよね、

そんな変てこな事、日常生活でハッと思いつく訳がないない笑

 

きっかけは

⇨数日前に参加した、TEDxKobe salon

f:id:seven_oceans_life:20160310001351j:plain

幾つかのTEDtalkやスピーカーのプレゼンテーションを聞いた後、グループに分かれて、参加者が持つアイデアを共有しようという時間が設けられていた。

以前紹介した、TEDxKobeなどよりも小規模で、参加者同士の意見交換が中心のイベント

 

グループ内で自分のアイデアを共有しよう、

という時間があった。

自分が持つ、何かユニークだったり周りに共有したいアイデアない?あったら教えて〜〜

ていう時間。

f:id:seven_oceans_life:20160310001501j:plain

 

 

”自分のアイデア?んなもん、そんな急に言われてもわからんわっ

スピーカーなんて、何ヶ月も前から、話すこと考えてプレゼンするんやろ?

いや、どうしよどうしよ”

 

とグループごとに分かれている途中でひらめいた。

私の頭の脳の細胞が一気に化学反応を起こした。

(おそらく春休み頭を使わなさすぎて、エネルギーが余っていたと考えられる。)

 

 

あ、私ってカッコつけや。

私のメッセージ、これやわ。

 

ヒラメキ、というものを生まれて19年一度も経験したことがない(覚えてる限り)ので、

それ自体に私はまず、感動していた。

 

2分ぐらいのグループ分けの間にたくさんの感情でてきすぎ

イデア、てこんなにもすぐでてくるんですね(笑)

 

それでグループの中で4番目くらいに

私のアイデア:カッコつけ

の話をしました。

 

 

カッコつけるということを恥ずかしがらずに胸を張って、もっと堂々と行うことができ、それを称賛してくれる人が周りにいる社会の重要性

 

この雰囲気が日本に足りていない。

 

こういうカッコつけを気軽にできる社会は非常に重要。

なぜって?私が身をもって重要性を感じているから。

これによって人生を楽しんでいるから。

 

 

カッコつけることで、自分に自信が持てて堂々とできるし、

その堂々としている雰囲気が、新しい人との繋がりにつながったり、

カッコよさのために面倒くさいと思う事、新しい事にも挑戦できる

目立つ事によって、見られてるから頑張らないと、てモチベーションが上がる

 

 

  

 

私は過去にいい経験も悪い経験も(そんな法に触れるような事はしてないよ 笑)

たくさんの事にしてきたけど、自分でもそれらの原動力はどこから来てるのかあまりわかってなかった。

 

でもやっと見つけた。

カッコつけたがり、目立ちたがり、負けず嫌い

の性格が自分を奮い立たせるんだってね。

 

今までの行動を再び振り返ってみると。。。

 

生徒会:もちろん会長なんかやったら目立つわな。生徒からも先生からも褒めてもらえるし。でも見られてるから、頑張らないとって意識が持てた。

 

スピーチコンテスト:英語でのスピーチで賞もらってる人見てカッコイイと思った。他の人が私ができない何かをできるということを私のプライドが許さなかった。

その人に負けずに次は、私がその人の立場になりたい、そう思った。だから、必死になった。

 

高校生外交官プログラム:周りに留学に行く人が多くて単純に羨ましかった。私も行きたい、って。そして見つけたプログラム。誰よりも中身の濃い留学にする、と決めたらやる気がメラメラ出てきた。

 

TEDxKobeの当日スタッフ:いつもはyoutubeとかでしか見ないTEDtalkを運営側になっったら、楽しいだろうし周りは驚くかも。そう思ったら楽しくて仕方なかった。

 

TOMODACHI Metlife Women's leadership program:

大使とか、お偉いさんに会えるし、アメリカいけるし。もちろんこれ話したら目立つね。そう思ったら毎回の勉強会でみんなに会えるのが楽しみで仕方ない。

それにお偉いさんに会ったり、素敵な友人を話すと全てにおいてやる気が出てくる。

私もお偉いさんの一人になりたいって感じで。

 

 

もちろん、これらの活動をしてきた理由はもっともっと他にある。もっと大事なもの。

自分を成長させられるとか、いろんな人との出会いが欲しい、とかね。

 

でも、すべてに共通することは、”カッコいい活動”

 

日本人の謙遜の心もすごく素敵だと思ってるし、それを変えろ、とは言わない。

カッコつけはあんまり受け入れられない。

だけど、せっかくいろんな才能あるのに、日本人って遠慮しすぎてるせいで、チャンスを逃しちゃってる人多いと思う。

 

文化的にみんなと同じ行動をすることが良し、とされていて、少しでも違ったことをしていると、変人とみなされる場合も多い。でもそんなんいちいち気にしてたら、個性なんて言ったもんじゃない。

 

私は人と違っていることを嫌だと思わないし、むしろ誇りに思ってるし、それで人生めっちゃ楽しいからいいけど、

それは、その良さを気付いたからよかった訳で、

 

なかなかできない日本人多いと思う

日本人はみんなと一緒が好きやもん

 

でもさ、

もっと自分のしたいことやって、言いたいこと言って、カッコつけて褒めてもらって、

 

ていう方が楽しいよ。

 

て事で、これからもカッコつけのseven oceanはカッコ良さを求めて走り続けます。

 

 

もっと毎日の生活に”刺激”が欲しい人、

カッコいい事を考えて、見つけたら、やってみよ。

カッコつけてみて。